子ども(小学生)のピアノ発表会の曲選び

小学校1年生の息子がピアノを習い始めて約1年。自宅で教室を開いている先生のところへ通っています。

そして、3月に初めてのピアノ発表会へ参加予定。現在、曲選びの真っ最中です。どの曲がいいのか、完成までもっていけるのか、楽しいけど悩みますね。

息子の現在のレベルはというと、テキストは学研プラスから出ている「ぴあのどりーむ」第4巻を練習中。八分音符や和音も弾けるようになったけど、まだまだ初級の段階です。

先生と相談していくつか挙がった初級の曲がこちら。()は作曲家です。

  • トルコ行進曲(ベートーベン)
  • スケーターズワルツ(ワルトトイフェル)
  • ソナチネ(カバレフスキー)
  • メヌエット(ボッケリー二)
  • メヌエット(バッハ)
  • 貴婦人の乗馬(ブルグミュラー)

どれも発表会向けの王道ですね。

ひととおり、先生に弾いてもらい曲の印象を教えてもらいました。息子は「うーん!どれでもいいけど明るい曲がいい!」という答え。ほんと、どれがいいのやら。

習い事をしていて、発表する場があるのは励みになりますね。ま、3月の発表会まで親子で協力して曲を仕上げたいです。