【長野】「ルヴァン信州上田店」上田へ行ったらぜひ寄りたい古民家パン屋&カフェ

日帰りで長野・上田市へ。上田で行きたかった場所の一つが「ルヴァン信州上田店」。旧北国街道の柳町に建つ店舗や周辺の景色を満喫してきました〜。

旧北国街道・柳町のルヴァン信州上田店

訪れたのは9月下旬。天気が良かったので、上田駅からレンタサイクルを貸りて旧北国街道柳町に到着です。駅から自転車で約10分くらいですね。

旧北国街道の柳町は、江戸時代には旅籠屋や商家が軒を連ね、呉服屋だけでも25軒あったという通り。現在は、蕎麦屋、酒造、カフェなどが並ぶ約200メートルの街並みです。

それにしても、石畳の道や古民家の長屋が軒を連ねるこの景色、天気も良いし最高じゃない。

2階建ての古民家が「ルヴァン信州上田店」。店員さんに聞いたところ、正面の建物は築約100年で、写真には映っていないけど繋がっている裏側の建物は築約150年という話。駐車場はお店の斜め前に3台分用意あります。

東京の有名パン屋、代々木上原の「ルヴァン富ヶ谷店」とは姉妹店。

信州上田店は、上田市がオーナーである甲田幹夫さんの故郷ということで、2004年に建てられたお店です。ちなみにルヴァンとは、フランス語で「天然酵母」の意味。

ルヴァンの営業時間は9:00〜18:00。10:00前に到着したから、お客さんがまだ少なくてラッキーでした。

お店の構成は、1階にルヴァンと「カフェ ルヴァンターヴル」。カフェ ルヴァンターヴルでは、ルヴァンのパンが出てくるメニューも食べられます。

2階は「たたみカフェ烏帽子」でドリンクを注文すれば、ルヴァンで購入したパンを持ち込んで食べることも可能。

ややこしいので、整理するとこういうこと。↓

  • 1階:ルヴァン(9:00〜18:00)
  • 1階奥:カフェ ルヴァンターヴル
    (ランチ11:30〜14:00、カフェ14:00〜17:00)
  • 2階:たたみカフェ烏帽子(10:00〜18:00)

ルヴァン信州上田店の店内

縦長の土間が続く、壁や柱が年代を感じさせる店内。建物内の見学だけで十分楽しめます。

焼きたてパンがずらり。この日のパンの種類は、パンドミ、黒ごまパン、グリーンレーズン、ライ麦、ライ麦パン(いちじく・くるみ)、全粒粉、くるみのスコーンなどが揃っていました。

2階の「たたみカフェ烏帽子」は、ドリンクを注文すれば購入したパンも一緒に食べられるというので、そうすることに。

ドリンク類は、コーヒー、紅茶、自家製チャイ、ハーブティーなどがあります。ハイネケン、ワイン、地ビールなどアルコールも注文可能です。

狭い階段を上がると畳のお座敷が広がり、テーブルが4席ほど。天井が低いので大きな柱に頭をぶつけそうになります。ガンッ!って思い切りぶつけてるお客さんがいたので注意しないと・・・。

▲お茶とお水はご自由にどうぞ

▲2階から1階を見下ろす景色もいい感じ

たたみカフェ烏帽子でお茶してきた

注文したのは「玄米キッシュ」「砂糖不使用のりんごとココナッツのパイ」「りんごジュース」。

「りんごとココナッツのパイ」のリンゴは旬のシナノドルチェ。サクサクパイの中にジューシーな果肉が詰まってます。砂糖不使用とは思えないほどの濃い甘みが贅沢!

気がついたら、あれ?ドリンクもりんごをオーダーしてた。100%ジュースでおいしかったので良しとしよう。長野のりんごを十分に摂取。

ほっと気持ちが和むような空間。時間が許せばもっと過ごしていたかったほどです。

柳町の景色とか、築100年以上の店舗が作り出す雰囲気がたまらなく良いなぁと。更にルヴァンもパンも美味しかったです!上田の旅にぜひ加えたい、おすすめスポットですね。

上田の旅記事はこちら!

長野・上田市へ日帰り旅行〜大河ドラマ真田丸の舞台、上田城周辺を散策

ルヴァン信州上田店 店舗情報

  • 住所:長野県上田市中央4−7−31(柳町通り)
  • 電話:0268-26-3866
  • 営業時間:9:00〜18:00・カフェは10:00〜17:00 (L.O16:30)
  • 定休日:水曜・第1木曜(冬・夏休みあり)
  • 公式HP:https://uedalevain.exblog.jp/