小学校入学にかかる費用はどれくらい?毎月・年間・給食費も調べてみた

小学校の学用品

息子が小学校へ入学して3ヶ月が過ぎ、1年生の1学期を終えました。

息子は第一子で、親としても初めての小学校生活です。学費については、全く分からずにスタートしてしまい「公立小学校だから授業料は無料だろう」くらいに思っていました。

確かに、公立小学校の授業料は無料です。でも、体操具、書道や絵の具の道具、辞書など個人で用意する、細々としたものがたくさんあるんですよね・・・。

そこで、小学校入学でかかった費用、入学後にかかった費用、毎月・年間、給食の費用を実際の金額をメモしていこうと思います。

2018年度に埼玉県の公立小学校へ入学した場合の費用です。地域によって差があると思うので、参考にご覧下さい。

※2020年3月:随時追記しています。

小学校入学で購入したものと金額

小学校の入学準備で購入した用品と金額の一覧です。

購入品税込価格
ランドセル70,000円
ランドセルカバー1,500円
自宅用机のイス10,584円
上履き1,060円
体操着上下(1枚ずつ)・体育帽子4,220円
体操袋500円
手提げバッグ980円
学校机の引き出し780円
計算カード・算数ブロック1,030円
連絡袋(連絡帳を入れる袋)270円
ノート(国・算・自由帳・連絡帳)630円
筆ばこ類(鉛筆・消しゴムなど)1,950円
硬筆セット(6B鉛筆・ソフト下敷き・ペン)530円
液状のり108円
歯ブラシ98円
カラーペン・クレヨン・クレパス2,300円
校外学習用バック630円
工作マット450円
ピアニカ5,600円
上履き袋980円
合計104,092円
MEMO
  • ランドセルは土屋鞄で購入。土屋鞄の中では中間の価格です。
  • 学用品は主に学校の物品販売で購入。価格が安いホームセンターで購入したものもあります。
  • 鉛筆や消しゴムは今後も使用するので1ダースで購入しました。

入学準備の費用は、104,092円かかりました。一番金額が高いのは、やはりランドセルですね。

以下の用品も必要ですが、幼稚園で使用していたものを引き続き利用したので購入しませんでした。参考までに記載します。

  • はさみ
  • カスタネット
  • 油粘土・ケース
  • 手提げバッグ
  • 給食セット(袋・ナフキン・箸)
  • 下敷き

プレゼントや無料でいただいたもの

幼稚園や地域の子供会から入学祝いでいただいた用品もあります。

もらえる用品があるのか、事前に確認しておくといいですね。

用品もらったところ
傘・鉛筆・のり・消しゴム幼稚園から
名札・傘地区の子供会
図書カード3千円地区の子供会
通学帽子交通安全協会
防犯ブザー市から
教科書国から

入学後に購入したものと金額

入学してほっとしたのもつかの間。1年生の1学期中に購入したものと金額です。

 購入品税込価格
入学式の写真1,300円
絵の具セット1,980円
プールセット(水着・バスタオル・帽子・ゴーグル)3,800円
上履き1,060円
 598円
合計8,738
MEMO
  • 写真は希望者のみの購入
  • 絵の具セットは学校指定だと4,000円だったので、同じようなメーカーをホームセンターで購入
  • 上履きは足が大きくなったので購入
  • 傘は壊れて仕方なく(息子が振り回したらしい・・・)

正直、1学期だけで1万円近くも購入品があるのに驚きました・・・。

もちろん、学年や学期に寄って差はありますが、このような出費があるのを覚えておくとよさそうです。

公立小学校の毎月・年間・給食費

毎月・年間ではいくら支払っているのか計算してみました。

小学校でかかる毎月の費用

毎月の支払いは、給食費と諸経費の合計で5,550円です。

項目金額
給食費4,250円
教材費1,300円
合計5,550
MEMO
  • 支払いは毎月銀行引き落し
  • 給食費は食べた日数ではなく固定費用で
    1〜6年生まで同じ金額
  • 給食費は病気等で長期欠席する場合には返金があり、牛乳アレルギー対象者は別料金が設定

小学校に支払う年間の費用

年間に支払う固定費用は、67,710円でした。

項目金額
給食費(4,250*11ヶ月)46,750円
教材費(1,300*11ヶ月)14,300円
スポーツ振興センター共済掛金460円
PTA会費3,700円
地区子供会年間費2,500円
合計67,710円
MEMO
  • 給食費と教材費は夏休み中の8月を省くので11ヶ月分
  • 共済掛金は学校でケガをしたときに医療費が支給される
  • 子供会費は地区のクリスマス会などイベントで使用される

これを6年間支払うと406,260円(予定)ということがわかりました。

6年間でみるとかなりの金額になります。「小学校は無料」というイメージが強いのですが、ある程度の金額の準備や蓄えはもちろん必要ですね。

就学援助制度もあります

区市町村が行う制度で、経済的な理由により学用品費や給食費、校外活動費などの支払いが困難な世帯に対して、その一部を援助する就学援助制度があります。

こういう制度があることも子どもが入学するまで知らなかったし、もし、自分が対象となる場合はしっかり認識しておくといいですね。

まとめ

項目税込金額
公立小学校入学準備の費用103,112円
1年生1学期で購入した費用8,738円
公立小学校毎月の費用5,550円
公立小学校年間の費用67,710円
公立小学校6年間の費用406,260円

我が家はこんな感じでした。これからお子さんが小学校へ入学する方は、参考になさってみてください。