【東十条】草月のどらやき「黒松」待ち時間や混雑をレポート!カロリー・日持ち情報も

東十条草月のどら焼き黒松

東十条の和菓子店「草月(そうげつ)」でどら焼きの「黒松」を購入してきました。

草月は「うさぎや」や「亀十」と並び、東京三大どら焼きといわれている人気店。お店の前は予想以上の行列でどら焼きを手にするまではちょっとした一苦労でした。

購入までにかかった時間や黒松を食べた感想を紹介していきます。

※2020年7月時点の営業時間は10:00〜18:00です。さらに営業時間等が変更の場合がありますので、お店にご確認ください。

どら焼き「黒松」を買いに行きました

草月を訪れたのは2月のある日曜日。最寄り駅のJR東十条駅で下車しました。

東十条駅南口

東十条駅南口を出て、左側の坂を下りていきます。

東十条草月の行列

坂を下り始めて数十秒後、何やら行列を発見。「こんなに早い時間から何の行列?もしかして・・・!?」と思ったら草月のお客さんの列でした。

草月の開店は9:00で、この時は9:45頃。人気店なので多少の待ち時間はあると思っていましたが、坂に沿って行列になっているとは驚きです。

仕方なく一番後ろに並び、人数をみると外に並んでいるだけで12、3人。まだ見えませんが、草月の店内にも並んでいるようです。

東十条草月の入口
「黒松100円、ジュースも100円」が気になる

坂道に立っていると冷たい風が通り抜けかなり寒く、動けないので一気に体が冷えます。訪れる季節を選んだ方がいいかもしれません・・・。

前に並んでいた女性によると「今日はまだ少ない方よ。前来たときはもっと坂の上の駅の方まで並んでいたからね」とのこと。これで少ないのか・・・とさらにびっくりです。

東十条草月店内入口

冷たい風が当たらない店内に入れたのが、並び始めて約20分後。店内は暖房が入っているので温かくてホッとします。

しかし、店内でも列は続き、自分が購入する番はまだまだ。店内に入ると、注文内容や個数を決めておくようにと店員さんから言われます。

どら焼きの他にカステラや最中も販売していますが、聞こえてくるのは「黒松を〜個ください」という声ばかり。黒松を箱詰めで大量に購入しているので、包装や会計にも時間がかかっているようです。

そして、並び始めてから約40分後、ついに自分の番が!こうしてようやく、黒松を手にすることができました。

黒松の値段は1個120円

店内には「草月」の価格表が写真付きで一覧表で案内されていました。

東十条草月黒松の価格表

訪れた時の黒松の値段は1個100円だったのですが、現在は1個120円に値上げしています。

お土産などで箱に入れる場合は箱代や紙袋代がかかります。簡易箱と化粧箱で値段や入り数が異なるので覚えておくといいかもしれませんね。

値上後げの価格は以下のとおりです。(価格は税抜き)

  • バラ1個:120円
  • 簡易箱5個入:620円
  • 簡易箱10個入:1,280円
  • 簡易箱15個入:1,880円
  • 簡易箱20個入:2,480円
  • 化粧箱6個入:840円
  • 化粧箱8個入:1,080円
  • 化粧箱10個入:1,380円
  • 化粧箱12個入:1,670円
  • 化粧箱15個入:2,030円
  • 化粧箱20個入:2,630円
  • 化粧箱25個入:3,280円
  • 化粧箱30個入:3,880円
  • 化粧箱50個入:6,280円
東十条草月の外観
草月の外観

草月の創業は昭和5年。店内に飾られた料理記者、岸朝子さんの「黒松はおいしゅうございます」と書かれた色紙にも注目です。

周囲の環境は落ち着いた住宅街ですが、草月の前だけは人だかりができていました。

黒松を食べた感想

東十条を後にして、上野公園でほっと一息。自宅で食べる予定でしたが、もう並び疲れたのでここで食べます。できたてを食べるのが一番。

東十条草月のどら焼き黒松の袋

懐かしさを感じる花柄の袋を手に公園のベンチでいただきます。

東十条草月のどら焼き黒松

個包装は透明のフィルムに「黒松」の文字。皮の焼き模様が松の木の幹に似ているから「黒松」なんだそう。

東十条草月 どら焼き黒松半分

口に入れると、ふんわりと柔らか。皮に黒糖とはちみつを混ぜているので、しっとりとした食感や風味が漂います。

皮に甘さを感じる分、餡の甘さは控えめ。そのバランスがちょうど良く、じっくり味わいたくなるどら焼きです。

黒松のカロリーや賞味期限

黒松のカロリーや賞味期限も気になりますよね。調べてみました。

カロリー

黒松のカロリーは公表されていません。重さを測り、一般的などら焼きの栄養成分を基準に調べてみたことろ、1個あたり162kcalでした。

賞味期限・日持ち

賞味期限は、季節によって異なります。

購入日から3月〜11月は2〜3日、12月〜2月は3〜5日となっています。保存料が入っていないので、いずれにしても購入後すぐに食べるのがよさそうです。

  • 直径:8cm
  • 重さ:59.5g
  • カロリー:162kcal
  • 原材料:砂糖、小豆、小麦粉、卵、はちみつ、塩、寒天、重曹
  • 値段:1個120円(税抜)
  • 購入できる場所:草月、地方発送も可能(店頭で支払いを完了した場合にのみ)

まとめ

最後に「草月」で並んで購入する場合の待ち時間や感想をまとめてみました。

東十条草月どら焼き黒松包装
  • 並び始めてから購入するまで、約40分だった(調査日:ある2月下旬の日曜)
  • 並んでいる坂道には屋根がないので、天気が心配な場合は雨具などを持参するのがおすすめ
  • 冬は防寒、夏は日差し対策をするのがおすすめ
  • 黒松などの商品は事前に予約することも可能。ただし、受け取りは店舗まで行かなくてはならない
  • 地方発送は店頭で支払いを完了した場合にのみ、対応してもらえる

もちろん、日時によってはすんなり購入できる時もあると思います。草月へ行く時の参考にしてみてください。

黒松本舗 草月 店舗情報

  • 住所:東京都北区東十条2-15-16
  • 電話:03-3914-7530
  • 営業時間:10:00〜18:00(2020年7月時点)
  • 定休日:火曜(季節により変動あり)
  • 公式サイト:草月公式サイト

関連記事

どら焼きの記事はこちらから読めます!参考にしてみてください♪