普通サイズから特大まで揃う、新宿西口のレトロ喫茶「時屋」のどら焼き

新宿ハルク 時屋 外観

新宿西口でずっと気になっていたお店があります。それが甘味喫茶の時屋

たまにお店の前を通ると年季の入った建物とのれんには「どら焼き」の文字。喫茶店ぽいけど、どら焼きも売ってるのかな?入ってみたいけどー。う〜ん。

なんて思い続けて数年が経過していた。久しぶりに新宿駅に降り立った日、今日こそは行ってみよう!と寄ってきました。

新宿西口ハルク1階の甘味喫茶 時屋

新宿ハルク 時屋 外観

新宿駅西口から徒歩2分ほど。小田急ハルクの1階にあります。建物自体はハルクなんですが、入口は別なので行かれる際はご注意を。

創業は1948年(昭和23年)で70年もこの場所で営業中している歴史のあるお店。その前は明治時代からずっと時計屋だったことから、店名を時屋にしたらしいです。なんだか素敵なエピソードだわ。

新宿ハルク 時屋 外観2新宿ハルク 時屋 外観4
▲とにかくどら焼きがいっぱい!

店頭ではどら焼き専用の持ち帰りコーナーが設けられ、ガラス越しに注文することができます。ショーケースには、普通サイズから直径約27cmの特大どら焼きのサンプルがずらり。

サイスとお値段がこちら。

  • 特大どらやき(栗入り):2750円
  • 大どら焼き:1100円
  • 栗中どら焼き:330円
  • 中どら焼き:300円
  • 小どら焼き:190円

新宿ハルク 時屋 外観3

漫画家の藤子・F・不二雄さんが時屋に頻繁に訪れていたことから、ドラえもんに出てくるどら焼きのモデルといわれているほど。

そういえば、ドラえもんがビッグライトでどら焼きを大きくして食べていた画があったような・・・あれって時屋の特大どら焼きだったのかもしれない!と想像しちゃいます。

新宿ハルク 時屋 店内
▲テーブルやイスから時代を感じる

外観からしてレトロぽさが漂っていましたが、中に入ると更に哀愁が漂い少し時代が巻き戻ったような店内。無音だし、落ち着く雰囲気です。

そして、意外なことに全席禁煙!

昭和から営業している喫茶店ってタバコの煙モクモク〜な印象なんですが、嬉しいことに禁煙!!タバコ苦手なので個人的にはすごく助かりました。

時屋のメニュー

新宿ハルク 時屋 メニュー

どら焼きはお茶とのセットのメニューがあります。どら焼きは小どら焼きと中どら焼きです。

新宿 時屋 ドリンクメニュー

ドリンク、デザートの種類が豊富でこれは迷いそう。

新宿 時屋 甘味メニュー新宿 時屋 お食事メニュー

うどんや定食の食事メニューもあります。

ボリュームたっぷり!生クリーム入りどら焼き

新宿ハルク 時屋 どら焼き

コーヒーとセットにして生クリームどら焼き(830円/税込)を注文。

どら焼きのサイズは中。中サイズ以上のどら焼きには時屋の焼き印が入っています。

この焼き印をよく見ると12刻み。元時屋なので時計をモチーフにしているのだそう!時計屋のエピソードがここでもいい味出てます。

新宿ハルク 時屋 どら焼き2

ふんわりとした皮の中を覗くと、生クリームとあんこがぽてっと乗っています。生クリームどら焼きは持ち帰りはなく、店内限定品。この生クリームどら焼きが食べたくて足を運んでいる方もいるはず・・・!

新宿ハルク 時屋 どら焼き3

手で持って食べようと思ったけど、中サイズはさすが大きい。添えられていたフォークでいただきました。

フォークで食べているのでまさにパンケーキのよう。程よい甘さの皮で、あんこと生クリームの絶妙な和と洋の組み合わせが楽しめます。生クリームよりあんこの方が甘いですね。

他にもバニラ乗せどら焼きがあるみたい。その組み合わせも絶対美味しいはず・・・!

新宿の雑踏の中にあるちょっとした隠れ家のような喫茶店。ゆっくりと甘いものを味わうのにはピッタリなお店でした。

甘味喫茶 時屋 店舗情報

  • 住所:東京都新宿区西新宿1−5−1 ハルク1階
  • 電話:03-3342-2610
  • 営業時間:11:00~21:30(平日)、11:00~20:00(日・祝)
  • 禁煙/喫煙:全席禁煙
  • 席数:55席
  • 公式ページ:http://www.tokiya.co.jp/