【池袋・すずめや】ふんわり皮のどら焼きを食べてみた。日持ち・予約・お取り寄せまとめ

池袋・すずめやのどら焼き

池袋「すずめや」のどら焼きを初めて買ってみました。

東京の有名どら焼きといえば、必ずといっていいほど名が挙がるお店。ようやく食べることができました!

池袋・すずめやの場所とアクセス方法

すずめやは池袋駅東口から徒歩で10分ほどの場所にあります。店舗は池袋だけです。

Googleマップを頼りにすずめやを目指して歩きます。「丸善池袋店」の角を曲がりシアターグリーン通りへ。

池袋・すずめやの行き方
すずめやの看板を発見

通りを進みカギ屋さんの2階を見ると「どらやき すずめや」の看板を発見。なぜこの位置に?と不思議に思ったけどいよいよ近くまで来たらしい。ここでさらに右へ曲がります。

池袋・すずめやの路地

車1台分しかない狭い通りを進むと、念願のすずめやに到着。営業時間は10:00から売り切れ終了までとなっています。

訪れたのは平日の11時ごろで、すでにお客さん数人が待っている状態でした。道路には屋根やひさしがないので、雨の日に並ぶのは少し大変かもしれませんね。

池袋・すずめやの店舗

外観は小さい間口に趣のあるガラス戸と建具といった懐かしい雰囲気。建物をよく見ると、角のカギ屋さんから長屋のようにつながっている様子です。だからカギ屋さん看板が付いていたのか〜と謎が解けた。

池袋・すずめや店内

15分ほどで自分の番が来てドキドキしながら中へ。玄関先のこじんまりとした空間に見本の和菓子とすずめの置物がちょこんと鎮座しています。注文を聞かれ、どら焼きをお願いしました。

池袋・すずめや和菓子

見本のお菓子はどらやき、もなか、おはぎ、和菓子が3種類。

後のお客さんがいたのでゆっくりはできませんが、華やかで美しい和菓子をしばし目に焼き付けお店を後にしました。

すずめやのどら焼きを食べてみた

すずめやのどら焼きの日持ちは2日間。帰宅後すぐにいただきました。

池袋・すずめやどら焼きアップ

お皿に乗せるときれいなきつね色の皮がふんわり、ふっくら。手に取ると、たっぷんと餡がしっかり詰まっている感触です。おおよそのサイズは、大きさ10cm、重さ106g。

池袋・すずめやのどら焼き

半分に割ると、とろりとあふれそうになるほど水分を含んだ餡が出てきます。餡は北海道産小豆を使用。粒の食感を残しながらも柔らかく、小豆の自然な風味を引き出しています。

東京三大どら焼きといわれる、亀十うさぎや草月(黒松)にも引けを取らないおいしさだと思います。

すずめや・どらやきの値段

池袋・すずめやどら焼きの簡易箱

どら焼きは1個税込200円。箱入りは5個以上とのことです。

箱代や紙袋の別料金はかかりませんでした。保冷剤や保冷パックなどはありませんので、時期によっては持参するのがおすすめです。

すずめやのどら焼きの日持ち・賞味期限

すずめやのどら焼きの日持ちは購入日と翌日の2日間。

どら焼きの袋には「なるべく購入日にお召し上がりください」との一文が記されています。店主さんからも早めに食べたほうがおいしいとおすすめされました。

池袋・すずめやどら焼きの賞味期限とカロリー

翌日にも食べましたが、餡の水分が生地に吸収され前日よりもしっとり。変化が楽しめて、十分おいしくいただきました!

すずめやのどら焼きのカロリー

すずめやのどら焼きのカロリーは1つ284kcalです。

池袋・すずめやどら焼きあんこ

すずめやはお取り寄せ・予約はできる?

すずめやではお取り寄せや通販は行っていません。店頭での販売だけになっています。

池袋・すずめやショップカード

予約はできます

通販はありませんが、店舗での予約は可能です。

すずめや公式サイトによると「予約は受取日前日の15時までに電話で注文」とのこと。

受け取りは平日17:00まで、土曜15:00までです。予約をすれば売り切れを気にせずに買えますね。

池袋・すずめやの看板

どら焼きデータまとめ

  • 値段:200円(税込)
  • 大きさ:10cm
  • 重さ:106g
  • 日持ち:製造日を含め2日間
  • カロリー:1個284kcal
  • お取り寄せ・通販:不可
  • 店舗での予約:可能

すずめや 営業時間・店舗情報

  • 住所:東京都豊島区南池袋2-18-5
  • 電話番号:03-5391-0196
  • 営業時間:10:00〜売り切れ終了まで
  • 定休日:日曜・月曜(公式サイトの営業カレンダーを参考に)
  • 公式サイト:すずめや