【森下・カトレア】元祖カレーパンが高島屋で買える!値段・カロリー・通販まとめ

元祖カレーパンのお店として有名な東京・森下の「カトレア」。

十数年前に初めて食べたときは、今まで味わったことのないカレーパンに感動したのをよく覚えています。

辛口との味の違いやカロリー・販売店などまとめて紹介していきます。

森下・カトレアの元祖カレーパンについて

カトレアは1877(明治10)年に創業した老舗パン店。洋食パンの名前で実用新案登録された「元祖カレーパン」で有名なお店です。

NHK「チコちゃんに叱られる」やTBS「マツコの知らない世界」などテレビでも紹介され話題になっています。

カレーパンのほかにも「ふんわりクリームパン」や「深川あんぱん」など定番商品もありますよ。

森下・カトレアの袋

カレーパンが入っている袋には、以下のような紹介が。

元祖カレーパン
当店の前身は、明治10年に深川常盤町で創業された「名花堂」といい、昭和2年「洋食パン」の名で実用新案として登録されたものが「カレーパン」のルーツです。

やきたてパンカトレア

カトレア・カレーパンの揚げ(焼き)あがり時間

せっかく食べるのなら、揚げたてが食べたいですね。

カトレアのカレーパンの揚げあがりは1日3回。

以下の時間で案内されているので参考にしてみてください。

  • 午前7時
  • 午前11時
  • 午後3時

閉店前に売り切れることがありますので、早めの時間帯に行くのがよさそうです。

カトレアのカレーパンは日本橋高島屋で買える

日本橋高島屋の地下1階ではカトレアのカレーパンを販売しています。

日本橋高島屋の外観

確認してみると、日本橋高島屋での販売日・曜日は以下のとおり。

  • 場所:日本橋高島屋 本館地下1階「味百選売場」
  • 販売日:毎週金曜日
  • 時間:11時ごろから

※祝日や連休・お盆・年末年始など入荷日の変更や中止になる場合があります。

日本橋高島屋の屋上庭園

家族へのお土産を含め5つ購入。1つは高島屋の屋上庭園でさっそくいただきました。

食べるのは十数年ぶりなので、手に取ると懐かしさでいっぱいに!

カレーパンの袋やこの大きさ、形、味はほぼ変わりません。

かすかに温かいパンを頬張ると、さっくりとした口当たりと甘めのルーがたっぷり詰まっています。おいしさはかわりませんね。

豚挽き肉と野菜たっぷりのカレーを詰め込み、サラダ油と綿実油で揚げています。

カトレア元祖・辛口カレーパンの味や値段、カロリー

元祖カレーパンはふつうと辛口の2種類。2つの大きさや味、カロリーをまとめて比べてみました。

森下・カトレアのカレーパン

写真右が「元祖カレーパン」左が「辛口カレーパン」です。

カトレアの元祖・辛口カレーパンの値段

値段はそれぞれ以下のとおりです。

  • 元祖カレーパン:220円(税抜)
  • 辛口カレーパン:230円(税抜)

辛口カレーパンのほうが10円高くなっています。

カトレアの元祖・辛口カレーパンの大きさ

(左)元祖カレーパンはラグビーボール型、(左)辛口カレーパンは丸型です。

カトレアの元祖・辛口カレーパンの重さ

(左)元祖カレーパンは122g、(左)辛口カレーパンは110gです。(お皿の重さは引いています)

元祖カレーパンのほうが12gほど重いですね。

カトレアの元祖・辛口カレーパンのカロリー

(左)元祖カレーパンは383kcal、(左)辛口カレーパンは288kcalです。

重さは12g差ですが、カロリーは95kcalもの差がありますね。

カトレアの元祖・辛口カレーパンの味は?

森下・カトレアの元祖カレーパン中身

元祖カレーパンはまろやかな甘みがあり、豚挽き肉やにんじん、玉ねぎをたっぷり使っているのが伝わってきます。

4歳の娘にあげると喜んで食べていたので、小さい子や辛いものが苦手な方でも無理なく食べられそうです。

森下・カトレアの辛口カレーパン中身

一方、辛口は食べてしばらくたつと、辛みが伝わってきます。

我慢できない辛みではありませんが、小さいお子さんや辛いものが苦手の方は様子をみたほうがよさそうかな。

両方とも生地の隅々までルーがみっちり入っているので、食べごたえは十分です!

森下・カトレアのカレーパン違い