福岡・九州鉄道記念館へ行ってきた感想と館内の様子

九州鉄道記念館 入口

福岡県北九州市門司区にある九州鉄道記念館へ行ってきました。

電車で門司港駅に到着し、門司港駅から周辺を観光しながら到着。家族で電車好きなので楽しんできましたよ。

九州鉄道記念館について

JR九州が所有する鉄道の記念館で、明治24年築の本館は九州鉄道本社(当時)を利用。入口は中央ゲートと西ゲートがあり、こちらで入館料を払います。

入館料(個人)
  • 大人300円
  • 中学生以下は150円
  • 4歳以下は無料
    ※支払いを「SUGOCA」利用時は2割引(大人240円中学生以下120円)

ゲートから本館までの通路には九州で活躍した寝台列車、特急、機関車など9台の車両展示。鉄道ファンにはたまらないですね。

本館展示コーナー

本館に入ってきました。2階建ての吹き抜けで、1階がメインで2階は鉄道の年表、写真、プレート、切符が展示してありました。

2階は撮影禁止なので1階をご紹介。館内入ってすぐ、明治時代の車両展示は汽車の音を出してリアルに演出。これはお弁当を買うところかな。

車両の中も公開。今では珍しい畳の座席。飲食はできませんが写真撮影ならOKです。

九州の鉄道大パノラマでは、博多駅、門司港駅の様子を展示。鉄道模型は大人もわくわくしちゃいます。

811系電車運転シュミレーター

九州鉄道記念館 運転シュミレーター

門司港~折尾間の実際の路線風景の電車運転シュミレーター。特に子どもはこういうの大好き。息子も喜んで飛びついていきました。料金は1回につき100円

シュミレーター中の様子はこんな感じ。

幼稚園児でも楽しめる簡単な操作。館内のアトラクションはこちらのシュミレーターだけなので、子どもが飽きないように遊ばせるのにはいいですね。

ショップゼロマイル

九州鉄道記念館お土産ショップゼロマイル

本館入ってすぐ、左側に位置する唯一のショップ。鉄道のイラスト付きのグッズがありました。

九州鉄道記念館お土産ショップゼロマイル

中でも気になったのが駅名キーホルダー。九州の駅名なので知らない駅名ばかり。

九州鉄道記念館お土産ショップゼロマイル

鹿児島本線、長崎本線、日豊本線、豊肥線、香椎線、筑肥線、肥薩線、指宿枕崎線・・・と多くの路線の駅名が。九州の駅名は全く知らないなぁ・・・。

九州鉄道記念館お土産ショップゼロマイル

電車や新幹線のワッペン。地元(埼玉)の手芸屋さんにも置いてありますが、さすがに九州を走る車両のは珍しい!

九州鉄道記念館お土産ショップゼロマイル

こちらはタオル。ドクターイエローのグッズはあちこちで出てくる。

九州鉄道記念館お土産ショップゼロマイル

車両の形をした箱に詰めたお菓子のおみやげ。ゆふいんの森号が登場!子どもからは箱目的でせがまれました。

外にはミニ鉄道公園があり1回300円で運転体験ができます。ちゃんと線路の上を走る電車なので息子かなり張り切って運転手になっていました。

まとめ

九州鉄道記念館

入館料も比較的安く、サクッと寄れる気軽さがいいですね。埼玉には「鉄道博物館」があるんですが、敷地が広く1日がかりになるのに比べると体力的にもかなり楽。

きぼが小さい割にはおみやげショップは鉄道グッズの品揃えが豊富で驚きました。門司港観光のルートにおすすめの場所でした。

九州鉄道記念館 詳細情報

住所:福岡県北九州市門司区清滝2−3−29
電話:093ー322-1006
開館時間:9:00〜から17:00時(入館は16:30まで)
休館日:第2水曜(8月は除く)、7月は第2水木曜日
アクセス:(電車)JR門司港駅より徒歩3分、(車)門司港ICより車で約5分