【栃木】奥日光湯元・日光山温泉寺で日帰り入浴

日光温泉寺浴槽

5月、観光地として人気の日光を訪れました。東照宮周辺を散策したり、御用邸通りの日光珈琲へ行ったりと、非日常的な時間を満喫。

日光市といえば、湯西川・鬼怒川・川俣など温泉地としても有名です。

温泉好きとしては、やはり入浴しないと帰れないぞ!ということで、奥日光の日光山温泉寺(にっこうざんおんせんじ)で日帰り入浴してきました。

奥日光湯元温泉へ

宿泊していた東照宮近くのホテルから、奥日光へ向かいます。約1時間のドライブです。

日光いろは坂
いろは坂を登るの巻

奥日光へ行くには当然「いろは坂」を登っていかなくてはなりません。

紅葉シーズンは大渋滞、上り下りの全48のカーブに「い」「ろ」「は」の看板がある、あのいろは坂。

初めて運転しましたが、ひたすらカーブ!途中、明智平の景色やロープウェイを見る余裕はありませんでした・・・。

日光温泉寺
日光山温泉寺への入口

なんとか運転して、湯元に到着。よし着いた!と勢いよく車から出ると、5月だというのにダウンが欲しくなるほどの寒さ。

忘れてましたが、湯元は標高1,600メートルの高地。長袖1枚だったので、急いで着込みます。まぁ、温泉に入れば全てが解決するはず。さっそく温泉寺へ。

日光山温泉寺の日帰り入浴

ここ日光山温泉寺は、世界遺産「日光山輪王寺」の別院。温泉に入ることのできる珍しいお寺です。

温泉寺で入浴するのは約10年ぶり。前回は日光白根山の登山帰りに寄ったのでした。

日光温泉寺外観
日光山温泉寺の本堂

駐車場は無料。本堂の近くに停められます。

日光温泉寺入口
趣のある日光山温泉寺の入口

日光山温泉寺の入浴時間は、8:00〜17:00頃まで。営業期間は4月上旬から11月下旬までです。

積雪が多い地域なので、期間限定の営業なんですよね。気候によって時期が変動することもありますので、行く際は確認してみてください。

入浴料金は大人500円、子ども(4歳~小学生)300円。料金はお寺の女将さんに直接払います。

日光温泉寺浴室入口

浴槽は男湯と女湯に内湯が1つずつ。露天風呂はありません。入浴と休憩を含め、滞在時間は1時間と決まっていますのでご注意を。

日光温泉寺浴槽
いい湯だな〜

こちらは女湯の薬師湯。清潔感があり気持ち良く利用できました。しかも、タイミング良く独占!(誰もいない時ならOKとのことで撮ってきました)

加温なし、かけ流しの温泉ですが、泉温は71.4℃とかなり熱いので加水しないと入れません。

源泉の色は薄いエメラルドグリーンで、加水すると乳白色に変わっていくのが特徴的だそう。

日光温泉寺の温泉
かなり熱い源泉・・・

水でぬるめてようやく入れる温度に。そうそう、このお湯に浸かりたかった。温泉に入るために、あの急カーブのいろは坂を登ってきたんだよね、と。しばし至福の時を過ごします。自然と気持ちもリラックス。

日光温泉寺の休憩室
温泉寺の休憩室

はーいいお湯だった。体からほのかに硫黄の香りがするのも心地いい。

日光温泉寺のお菓子
日光甚五郎煎餅がいただけます

温泉を出て休憩室へ。手書きの領収書と一緒にお茶とお煎餅が用意されています。お煎餅は日光のお土産「日光甚五郎煎餅」。

日光温泉寺の近くの源泉

お茶を飲んで休憩したあとは、源泉を見に行ってみました。どこから温泉が沸いているのか、源泉を見るのも好きなんですよね。

ただ、日光湯元の源泉は湿原の中。足元はぬかっているし、硫黄ガスで気分が悪くなることもあるので、注意が必要です。

日光温泉寺の源泉と山

日光湯元は冬はスキー、夏や秋は日光白根山の登山やロープウェイなど、1年中楽しめる観光地。

日光湯元での日帰り温泉は、旅館やホテルでも受け付けています。観光とセットで寄ってみるのもおすすめです。

日光山温泉寺 施設情報

  • 住所:栃木県日光市湯元2559
  • 電話:0288-62-2531
  • 日帰り入浴営業時間:8:00〜17:00頃(4月上旬から11月下旬)
  • 日帰り入浴料金:大人500円/子ども(4歳~小学生)300円